わたしたち、カオスです。

WHO WE ARE

WHAT WE DO

アトリエ・カオスは、映画や舞台の特殊小道具製作、フライング機構デザインと操作、特殊メイクのプラン、および報道番組の模型のデザイン、製作等を行なっています。

演劇や歌舞伎、ミュージカル、映画、CM、コンサート、 テーマパーク。こうした場所では実に様々な小道具や特殊効果が使われています。アトリエ・カオスの手掛けるものは、「ひとつとして同じものがない」というのが特徴です。 たとえば、今ではよく目にするようになった歌舞伎やコンサートで宙を舞うフライング。これも、アトリエ・カオスがはじめて実現させた特殊効果です。

誰も見たことがないものを、知恵と想像力で作っていく仕事は、クライアントからのヒアリングから始ま り、なにが必要なのか、「感性のぶつけあい」とでもいうべき議論は、長い時は6~8時間に渡ることもあります。

ヒアリングの内容は図面やデザイン画に起こされ、製作メンバーに伝えられます。製作は世田谷の工房と、山梨県にある富士ヶ嶺スタジオで行っています。

製作だけでなく、舞台での運営管理までがアトリエ・カオスの業務です。 アイテムが完成した時ではなく、初日の観客にウケているのを確認したときにはじめて、「やった!」と思えるのです。

オーダーは断りません。アトリエ・カオスが断ったら、そのアイテムを使う部分の台本がとびかねないません。それくらいアトリエ・カオスでしかできない作品を手掛けてきました。どんなに特殊なものでも、まず「できる」というスタンスに立ち、「そのためにはどうすればよいか?」という思考を働かせる。この姿勢こそが、 アトリエ・カオスの最大の強みです。

COMPANY

Atelier Khaos Office

ATELIER KHAOS

有限会社アトリエ・カオス

代表
田中 義彦
住所
〒156-0056
東京都世田谷区八幡山1-1-15
TEL
03 3303 7770
FAX
03 3303 7785
事業内容
舞台用特殊小道具・装置等の製作

STUDIOS

Studio Front

atelier KHAOS Creative Studio Ahirukan

〒156-0056
東京都世田谷区
八幡山1-22-26

KHAOS Fujigane Studio

〒401-0338
山梨県南都留郡富士河口湖
町富士ヶ嶺 1410-3

港北倉庫

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区
池辺町3271

Studio Chains
Studio Horizon
Studio Cables
Studio Landscape

G
R
O
U
P
S

有限会社
ダイニカオス・スタッフサービス

舞台等でのフライング及び特効機材のオペレーション

〒401-0338
山梨県南都留郡富士河口湖町
富士ヶ嶺1410-3

HISTORY

1969

武蔵野美術大学の学生が当社の前身となる“アトリエカオス”を東京都新宿区北新宿に設立。

1974

現代表取締役 田中義彦が“アトリエカオス”に参加。

1984

有限会社アトリエ・カオス設立、田中義彦が代表取締役に就任。ステージ、映画、テーマパーク、イベントの演出、フライング等の特殊効果、特殊コスチュームや特殊小道具の製作を行う“特殊美術”という新たなジャンルを確立。

1987

アトリエ・カオスの製作物の現場オペレーションを行うパートナー会社、有限会社ダイニカオス・スタッフサービス設立。

1989

本社拠点を東京都世田谷区八幡山の現本社ビルに移転。

1992

田中義彦が「第2回グローバル舞台芸術賞」を受賞。

1998

山梨県西八千代郡上九一色村富士ヶ嶺(現 南都留郡富士河口湖町)に倉庫棟と作業棟から成る“Fujigane Studio”を開設。

2008

田中義彦が「第36回伊藤熹朔賞 特別賞」受賞。

2014

本社近くに新たな作業兼事務スペース“Creative Studio Ahirukan”を開設。

2018

“Fujigane Studio”に実際のステージシュミレーションが実施可能なフライング実験棟を増設。